2020年11月22日

2020年11月22日 ボーイ隊GB訓練・班集会

本日のボーイ隊は、すっかり秋めいた6団野営場でGB訓練と班集会を行いました。
毎年みごとな彩りを楽しませてくれる野営場前の紅葉。今年もきれいに色づきました。
DSC03006.jpg

午前中はGB訓練
参加できたのはバッファロー班次長のみ(ToT)
DSC03003.jpg
隊長からマンツーマンの指導


午後から班員も集合し、班集会を行います。
DSC03007.jpg

班長・次長が不在のコブラ班は隊長直々に指導
DSC03008.jpg

ソング、測量、手旗信号の練習
DSC03009.jpg

時間が余ったので、お菓子争奪の椅子取りゲームを急遽開催
DSC03010.jpg
DSC03011.jpg
隊長の歌声に合わせて行うというビミョーなゲームに。でも盛り上がりました。

勝者からお菓子をGet!
DSC03013.jpg

次回は今年最後の訓練キャンプ。
新型コロナウィルス第3波で感染者数最多記録を日々更新している状況が続いてます。
気を抜かずに、手洗い・うがい・3密回避を心掛け、元気な状態で参加できるように気を付けて生活するように。

お疲れさまでした。

posted by ボーイスカウト千葉第6団 at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ボーイ隊

2020年11月18日

2020年11月15日 カブ隊 ロングハイキング

カブ隊は、徒歩で17kmを踏破する「ロングハイキング」を行いました。
例年はオーバーナイトハイキングを実施していますが、新型コロナウイルス感染症の影響により、距離や時間帯を変更して行うこととしました。

スタート地点で活動の目的や進め方を確認した後、1組が先発隊、2組が後発隊となり、15分差で出発しました。
DSC_4557_00001.jpg

隊列を守りながら、分岐箇所や危険箇所などを平面図に落とし込んだ「コマ図」を頼りに進んでいきます。
DSC_4618_00001.jpg

スタート直後、植物の擬態が特徴的な、エダナナフシを見付けました。
道すがら発見があるのは、日中のハイキングならではかもしれません。
DSC_4578_00001.jpg

最初の休憩ポイントは、3.5km地点。
先発隊の休憩後、入れ替わりで後発隊が到着。
DSC_4589_00001.jpg

その後も順調に歩を進め、行程の半分を過ぎた8.6km地点で2つ目の休憩ポイント。
DSC_4604_00001.jpg

昼食ポイントまであと少しのところで、レトロなポストを発見。
DSC_4612_00001.jpg

10.3km地点の昼食ポイントで補給。
天気が良いと、よりおいしく感じます。
DSC_4632_00001.jpg

腹ごなしに、だるまさんがころんだ!
疲労はありますが、まだまだ元気。
DSC_4657_00005.jpg

近くの田んぼには、絶滅危惧種のメダカがたくさん泳いでいました。
DSC_4635_00003.jpg

3つ目の休憩ポイントは14.1km地点。
1時間ほど後にスタートしたボーイ隊が後発隊を抜かして、先発隊に追いつきました。
DSC_4669_00007.jpg

15.4km地点の最後の休憩ポイントに到着。
カブ隊は佳境ですが、ボーイ隊はこの後、さらに7kmほど歩くそうです。
DSC_4674_00008.jpg

そして、ついに先発隊がゴール!
DSC_4679_00001.jpg

少しして、後発隊も到着しました。
平均時速は約4km。想定を上回る速さでした。
DSC_4685_00009.jpg
posted by ボーイスカウト千葉第6団 at 12:23| Comment(0) | TrackBack(0) | カブ隊

2020年11月17日

2020年11月15日 ボーイ隊ハイキング(オーバーナイトハイク・ユーカリが丘コース)

毎年この時期、6団の伝統行事として、ガールスカウトと長年に渡りオーバーナイト・ハイキングを行っています。
予定では京成線ユーカリが丘駅から千葉市街までの24kmを歩く『ユーカリが丘コース』でしたが、コロナ禍で早くに中止が決定しました。

本日のボーイ隊は、そのユーカリが丘コースを日中に歩く事にしました。

集合の京成線千葉中央駅から電車を乗り継ぎ、スタート地点であるユーカリが丘駅近くの遠間作公園に到着。
立冬も過ぎ、昼の時間が短いこの季節。しっかりしないと日没前にゴールしないぞと班長に活を入れ、さっそくスタート!!
DSC02979.jpg
先陣はバッファロー班。9:40に出発。がんばるぞ!

DSC02980.jpg
15分のインターバルをおき、後続のコブラ班もスタート!!

気持ちい秋晴れの中、順調な歩きだし。
DSC02983.jpg
天気は最高、雲ひとつない秋空。気温も丁度よく、歩いていると少し汗ばむくらいの、絶好のハイキング日和。

DSC02987.jpg
まだ米の刈り取り前の田んぼ脇の農道をひたすら歩きます。


お昼前、コンビニで一人税込¥200までのおやつサービス。
DSC02988.jpg
DSC02989.jpg
みんな、歩いて火照った身体をアイスクリームで冷ましてます。
アイスと菓子パンを買うスカウトも。(すぐお昼なのに・・・)

コース途中の熊野神社
DSC02991.jpg
もみじが紅く綺麗に色づいてます。

お昼のポイントに到着
DSC02994.jpg
DSC02995 .jpg
まだまだ余裕の面々。さすがだ。


DSC02996.jpg
DSC02997.jpg
何故か走り出すスカウト達。このあたりからリーダーとの距離が広がり、もう追いつかない。
「競争じゃないんだから、走るなよ!」と注意する頃にはもう遥か彼方へ・・・。


そのため、スカウトの写っていない千葉市中央区の紅葉写真のみをお楽しみください。
DSC02998.jpg
DSC02999.jpg
すっかり秋ですね。


そしてリーダも15:37にゴール地点に到着。
20分前にはゴールしていたスカウト達は、途中で食べるために渡したおやつを食べてました。
DSC03000.jpg
DSC03002.jpg
まだまだ余裕が見える面々。 若いっていいですね。
良く頑張った!お疲れ様!

参考:今回のコース
DSC03003.jpg
24kmを約5.5時間。時速4.5km弱と早めですがいいペースです。
次は隊長が(個人で)企画している、館山の安房神社で初詣してから千葉神社までの100kmを歩く年始ハイキングに是非参加するように。

続きを読む
posted by ボーイスカウト千葉第6団 at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ボーイ隊

2020年11月10日

2020年11月7-8日 ボーイ隊くまスカウト体験キャンプ&BS千葉27団合同キャンプ

本日のボーイ隊は、カブ隊から3名のくまスカウトを招いた体験キャンプを行いました。
夕方からはBS千葉第27団ボーイ隊からの3名も参加し、にぎやかなキャンプになりました。

昨日まで、かなり冷え込んだ日々が続きましたが、本日は寒さも少し和らぎ、快適なキャンプになりそうグッド(上向き矢印)

開会セレモニー
DSC02920.jpg

くまスカウトも元気にあいさつ
DSC02921.jpg
初めてのことが沢山あって大変だとは思うけど、楽しんでね。


まずはパッキング点検から
通常では夏キャンプ前に行いますが、今年は夏キャンプが中止となったので、今回実施しました。
DSC02922.jpg
DSC02924.jpg
キャンプに必要なもの、濡れてはいけないものの備えなど、パッキングの仕方を教わります。


そして設営
くまスカウトもソロテントが与えられ、初めての一人だけのマイホーム作り。
自分の力で用意するのだ。
DSC02926.jpg
DSC02928.jpg
くまスカウトもバッチリ設営完了。
ボーイ隊では自分の事は自分でやるしかありません。大人が全く手伝わない事に少しびっくりしたかな(笑)


午後のおやつ作りの風景。
隊長が特売で見つけてくれた「紅玉」を一人1個ずつ大盤振る舞い。
DSC02930.jpg
DSC02932.jpg

リンゴは中央のかまどで焼きます。
DSC02934.jpg
焼き具合が見えないので、時間との勝負。

完成!焼き具合もいい感じ揺れるハート
DSC02935.jpg
DSC02937.jpg
味もサイコーるんるん
ワイルドな焼きりんごを堪能できました。
リンゴと一緒にじゃがバタも
DSC02941.jpg
ほっくほくのジャガバターが完成。これもまた美味!


そして夕飯の準備。今回も各自1つの飯盒で1合炊き
DSC02942.jpg

日が暮れかけたあたりで27団ボーイ隊が合流しました。
暗がりの中で急いで設営。よく頑張った。

ご飯が炊けました!
DSC02944.jpg
飯盒炊飯にも慣れてきたのか、炊き加減はバッチリ

今宵のおかずは、前回 スカウトから好評だった「おでん」再び。
DSC02945.jpg
気温の下がったキャンプ場でのおでん。やめられないぜ!
そろそろ班炊事も再開したいですが、もうしばらくの我慢だ。


今宵の夜プログラムも営火
DSC02946.jpg
ソーシャルディスタンスを意識しながら、アクションソングもスカウト間の距離をおいて、そこそこ再開
DSC02951.jpg
結局、1時間もやってしまった・・・。
でも楽しかったからOK
くまスカウトのみんなもボーイ隊の営火を楽しんでくれたと思います。


--- 2日目 -----
夜半からの雨も朝には上がり、2日目がスタート!
DSC02956.jpg
DSC02958.jpg

朝のセレモニーの後のスカウツオウン
DSC02959.jpg
隊長から朝のセレモニーでいきなり指名され、即興で「秋について」を語るスカウト。 さすがだ。


雨にぬれたテントの乾燥作業と撤営
くまスカウトも大活躍
DSC02962.jpg

お昼準備。今回も飯盒炊飯。
DSC02963.jpg

そしてレトルトの丼物
DSC02966.jpg
牛丼・たまご丼・そぼろ丼にカレー、マーボ茄子丼と選択肢は多いです。
そして写真はマーボ茄子丼。 うましっ!


撤営も終わり、閉会までの間、スカウトからのリクエストに応じて、ひさしぶりの弓矢作り。
DSC02961.jpg
今回はワイルドな的を準備しました。(でも景品はありません。あしからず)

スカウトが自分で作った弓で的を射抜きます。
DSC02970.jpg
景品なんてなくても、みんな夢中になって遊んでました。
どうやれば良く飛ぶ弓になるか試行錯誤してました。
工夫次第でビシッと矢が飛ぶ弓は作れるので、いろいろ試してみてはどうでしょう。


閉会セレモニー
(弓矢作りに時間がとられ、気づけば解散時間がせまていたので、急いで作業着のままで実施)
DSC02975.jpg

あっという間の1泊2日のキャンプ生活も終わりです。
くまスカウトのみんなは楽しんでくれたかな。
来春にボーイ隊に上進してくるのを待ってるぞ!

27団のスカウトも短い時間ではありましたが楽しめたでしょうか。
次回はもっと長い時間で、また一緒にキャンプしましょう。

お疲れさまでした。

posted by ボーイスカウト千葉第6団 at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ボーイ隊

2020年11月1日 ボーイ隊第9回GB交流会

年に1度、千葉地区のボーイスカウト隊班長・次長および隊長が指名したスカウトだけが集まり、隊をまたいで交流をはかるグリーンバー(GB)交流会に千葉6団からも4名のスカウトが参加しました。

例年では1泊2日でキャンプを行うのですが、今年は半年前からwithコロナを想定して、キャンプではなく ハイキングを企画。
今回は3班に分かれてゲームと約10kmのハイキングを行いました。
当日は各隊から30名あまりのスカウトが集合。
開会セレモニーは6団スカウトが国旗掲揚とソングを担当し、立派に対応しました。
6780.jpg
6782.jpg
6784.jpg

そのあとは仲間と打ち解けあうためのチームビルディング・ゲームとハイキング!

がっ!?
            ↓
            ↓
            ↓
            ↓
            ↓
            ↓

スカウトが楽しむ姿をカメラで沢山撮ったのに、自宅に戻ってデジタルカメラをみるとSDカードが入ってない・・・・・・・・

ごめん、ゴメン、すまん!本当に申し訳ない!
m( _  _ ;)m


スカウトはみんな良く頑張って、最後には隊を超えた交流を深めてました。

写真はなくても同じスカウト活動を行う同士達との思い出は心のシャッターで記録されていることでしょう。
ということで、お疲れ様!!(*^^)v

posted by ボーイスカウト千葉第6団 at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ボーイ隊

2020年10月31日

2020年10月31日 ボーイ隊隊集会 野帳

本日のボーイ隊は、野営地で隊集会を行いました。
今日は進歩課目取得に向けて、いくつかのプログラムを実施します。
DSC02895.jpg

例年参加している地域の清掃活動がコロナウィルス感染予防のため中止となったので、代わりに野営地周辺の清掃活動。
DSC02897.jpg
DSC02899.jpg
いつもより少し遠くまで足を延ばしたら、沿道にはゴミがたくさん。
DSC02900.jpg
あっという間にゴミ袋がいっぱいに。非常に残念な結果です。(-_-;)


野営地に戻り、まずはソング練習
DSC02901.jpg

お次は野帳から地図を起こします。
「野帳」ってしってますか?
そもそも「野帳」とは、野外で記入する帳簿で、ハイキング後などに地図が作成できる可能なように、簡易測量結果や方位角、周囲の目標物などを「野帳」に記録します。
その「野帳」をもとにコンパスを使って地図を作成する技術を修得します。

ちなみに以下の写真は前回の隊集会で行った「野帳」の作成の図。
6633.jpg
18864.jpg
道路の方位角、周囲の建屋などを正確に野帳に書かないと、あとで後悔するぞ。
「観察力」スカウトにはそれが大事だ!
6629.jpg
作成された野帳はこんな感じです。



そして今回、前回作成した野帳を読み解き、記載されたメモから地図を作成します。
DSC02907.jpg
DSC02908.jpg
DSC02913.jpg
まあまあの出来です。初級スカウトにはちょっと難しかったかな。



そして最後は手旗訓練
DSC02914.jpg
DSC02916.jpg
進歩課程の必須項目なので、こちらもしっかり覚えよう。
ちなみに、肩をメリメリ言わせながら教えたリーダーは翌日肩が上がらないというハプニング


今回はいろいろな技術について学びました。
覚える事はまだまだ沢山あるので、頑張って1つずつマスターしてこう!

お疲れさまでした!
posted by ボーイスカウト千葉第6団 at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ボーイ隊

2020年12月6日と13日 今年もミニ門松を作る集会を行います!!

毎年、ご好評をいただいているミニ門松を作る集会を行います!!
昨年度も募集人数を上回る応募をいただき、だいぶお断りする事態になりました。今年は先着順ではなく初めての方を優先するなど、できるだけ多くの方に体験していただけるように配慮していきたいと思います。
今年の分は11月10日ごろから受付します。最新情報はLineの掲示板に詳しく示していきますので、できましたら、Lineのお友達登録をお願いしたします。


友だち追加

2012_お正月準備集会チラシv1.0.jpg
posted by ボーイスカウト千葉第6団 at 12:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 歓迎集会

2020年10月27日

2020年10月25日 ボーイ隊講話会参加

本日のボーイ隊は、信仰奨励章取得に向けて寺院で開催される講話会に参加してきました。

今年はコロナウィルスの影響で、例年とは異なり我孫子市にある地蔵山東陽寺で行われた講話会へ参加しました。

講演会の講師である住職は、第4回日本ジャンボリーに参加し、ボーイスカウト富士章を取得しているという大先輩スカウトなのです。
そのため今回はボーイスカウトだけの講話会を開催して頂き、仏教の歴史について教えて頂きました。
また、般若心経の写経も体験し、貴重な経験が出来たと思います。
6696.jpg
6697.jpg
6698.jpg


posted by ボーイスカウト千葉第6団 at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ボーイ隊

2020年10月26日

2020年10月25日 カブ隊 千葉地区ドッジボール大会

令和2年度千葉地区ドッジボール大会が開かれ、千葉第6団と千葉第13団の合同チームが4試合全てで勝利し、優勝を果たしました!
6団においては、平成29年度以来、3年・3大会ぶりの制覇です。
DSC_1878_00001.jpg

大会には、6団・13団のほか、千葉第1団・千葉第15団合同チーム、千葉第8団、千葉第9団、千葉第14団、千葉第18団A、同B、千葉第22団・千葉第25団合同チームが参加。
新型コロナウイルス感染症対策としてアルコール消毒やマスク着用などを徹底するとともに、無観客・特別レギュレーションで行われました。
DSC_1376_00001.jpg

開会式の後、準備体操で身体をほぐします。
DSC_1382_00001.jpg

例年より試合数が少ないため、一つの黒星が順位に大きく影響します。
18団Bとの予選リーグ初戦に得失点10対4で勝利し、順調なスタートダッシュを決めました。
DSC_1486_00001.jpg
DSC_1502_00001.jpg

試合後には反省会を行い、次戦以降に備えます。
DSC_1489_00001.jpg

第2試合は8団に8対2で勝利。
悲願の優勝が現実味を帯びてきました。
DSC_1541_00001.jpg
DSC_1566_00001.jpg

第3試合は、先日の練習試合で敗北を喫した14団との一戦。
得失点差の関係で、引き分けでも決勝戦進出の可能性が危うくなる正念場でしたが、6対4の僅差で勝ち、決勝戦への切符を手にしました。
DSC_1582_00001.jpg
DSC_1585_00001.jpg

そして、ついに決勝戦。
別の予選リーグで全勝し、勝ち上がってきた18団Aと相対します。
DSC_1593_00001.jpg
DSC_1753_00001.jpg

拮抗した展開でしたが、5対3で勝利し、ついに優勝を決しました。
DSC_1615_00001.jpg

合同チームを結成してから大会まで1か月足らず、合同練習はたった2回でしたが、まさに「ワンチーム」となって得た結果です。
「すごく仲良くなれた」「合同集会やりたいね」・・・そんな声が聴こえてきました。
DSC_1618_00001.jpg

閉会式では、優勝トロフィーや記念品が贈呈されました。
DSC_1864_00001.jpg
DSC_1892_00001.jpg

閉会後、隊長からねぎらいのアイスをいただきました。
ほてった身体と心を冷やし、解散となりました。
DSC_1900_00001.jpg


【大会結果(概要)】
無題.jpg
posted by ボーイスカウト千葉第6団 at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | カブ隊

2020年10月20日

2020年10月18日 ボーイ隊班ハイク(史跡ハイク)

本日のボーイ隊は千葉市の歴史を探索する「史跡ハイク」を行いました。
前日の冬到来を思わせる寒さとは一転、秋の日差しと心地よい気候の中でのハイキングとなりました。

史跡ハイクはスタート地点の京成千原線大森台駅からJR鎌取駅までの12qを読図をしながら歩き、各ポイントでの指令を解読していきます。
DSC02747.jpg

スタート地点の大森台駅周辺は地図が入り組んでおり、歴代の先輩スカウト達も迷いがち。
方位角、周辺の線路や高速道路などを見て、地図からコースを読み取るのだ!
DSC02748.jpg
先頭はコブラ班。
さぁ今年は迷わずスタートできるか?!(リーダーは少し離れて着いていきます)

写真は15分後に出発したコブラ班が最初の史跡に差し掛かるところ。
DSC02749.jpg
もちろんスタートから違う方向へ進み、一度出発点に戻ってます・・・(;一_一)10分のLoss

最初のポイントは『庚塚(かのえづか)古墳群』
この一帯には円形をした”円墳”が12基あるそうです。
DSC02751.jpg
住宅地のすぐ近くにこんな古墳群があるとは。


指令にある水準点もちゃんと見つけました。
DSC02754.jpg

地図ではここを進むとなっている、・・・けど、道が見えない(笑)
DSC02756.jpg
DSC02759.jpg
先頭を行ったバッファロー班はきっとクモの巣だらけになっているんだろうなぁ・・・と思いながら、ジャングルのような道なき道を進みます。


バッファロー班が追跡サインを残してくれていました。
この先に次の指令の三角点があるはず。
DSC02758.jpg
DSC02760.jpg
三角点見っけ!
地図がなければ絶対に見つからない竹藪の奥にあります。

しばらく進むとそこにはお寺が。
2つ目のポイントである『大巌寺』に到着。
ここには立派な山門がありますが、今は工事中のため残念ながらよく見えませんでした。
DSC02765.jpg
なお、ここは徳川家康とのゆかりが深いお寺で、葵の紋がいたる所にあります。
指令は分かったかな?

コースは続き、こんな橋の下も通ります。
IMG_2460.jpg

そして6団のハイキングコースに多い、藪こぎさながらの草むら縦走。
DSC02770.jpg
なぜこんなところを? 理由はない。それは地図が示しているからさ。

次のポイントの『生実(おゆみ)神社』に到着。
ここは戦国時代に存在した生実城の堀後が残っています。
DSC02771.jpg
私もこのコースを歩くまで、生実町に城があった事を知りませんでした。


『大覚寺古墳』で先発のバッファロー班に遭遇。
DSC02772.jpg
お昼休憩しているのは前方後円墳の円型の上。
この古墳自体が公園となっています。
6626.jpg
バッファロー班もコブラ班と一緒にここでお昼タイム! 空が高く、秋風が気持ちいぃぃ〜♪♪


次のポイント。
小高い丘の上にあったのは?のお題の答えは『小弓城』
DSC02777.jpg
今はお墓になっていますが、小弓城は千葉氏が千葉城南部の守りとして築かせた城だそうで、先の堀後にあった生実城とこの小弓城とは読みは一緒ですが実体は異なるみたいです。(興味がある人は調べて教えて)

『八剱神社』の鳥居。ここはもと小弓(生実)の総鎮守だったそうです。
DSC02779.jpg

大百池(おおどいけ)公園にある『城ノ台遺跡』
image_6483441.jpg

おゆみ野の森公園にある『上赤塚貝塚』
DSC02780.jpg


最後のお題である有吉日枝神社にある『有吉南貝塚』
DSC02782.jpg

DSC02784.jpg

ゴールのJR鎌取駅に到着!
DSC02786.jpg
隊長が指令の回答をチェック。
結果は×が1つ少ないバッファロー班の勝ち!


千葉市には1300もの遺跡、120箇所の貝塚があるそうです。
今回見たものはそのほんの一部。新たな史跡を見つけるハイキングにチャレンジしてみては如何でしょう。

お疲れさまでした!

続きを読む
posted by ボーイスカウト千葉第6団 at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記