2021年11月09日

2021年11月6-7日 ボーイ隊 6団14団合同訓練キャンプB

本日は快晴無風の完璧な秋空の中、はらはらと落葉が舞う6団野営場で、14団BS隊と6団カブ隊くまスカウトを迎えた、6団14団合同キャンプ+くまスカウト体験キャンプを行いました。

2日間、一緒にキャンプする3名のくまスカウトの紹介
DSC03739.jpg
ボーイ隊がどのような活動をしているか、しっかりと体験してみよう。


まずは設営から。
DSC03742.jpg
DSC03745.jpg
先輩スカウトの指示のもと、くまスカウトも自分のテントを自分で張ります。
カブ隊の活動とは違い、リーダーは手を出しません。(決してリーダーがサボってるわけじゃないよ)

お次のプログラムは、中止となった夏キャンプで企画していた、3種のかまど作り、キャンプ用ストーブの扱い方、軟木硬木の違いなどを学びました。
DSC03747.jpg
DSC03748.jpg
ストーブにも、ガス・灯油・ホワイトガソリン・固形燃料などいろんな種類があります。
それぞれの使い方、メリット・デメリットが分かったかな。
炊事章の科目にもあるのでしっかりと覚えておこう。


その間にリーダーは、おやつの準備
DSC03750.jpg
DSC03755.jpg
本日のおやつは、みんな大好き”じゃがバター”るんるんグッド(上向き矢印)
ほっくほくに焼き上がりました。絶品!


そして夕食の準備に
DSC03757.jpg
DSC03759.jpg
DSC03762.jpg
コロナ対策を気にしながら、久しぶりの班炊事(ご飯は各自で飯盒炊飯)。
本部で消毒済みの食器を使います。

DSC03769.jpg
DSC03771.jpg
一日動きっぱなしだったので、くまスカウトもおなか減ったでしょう。


食後にミニ営火
DSC03777.jpg
DSC03780.jpg
突然のスタンツ披露の指示に対応するスカウトは本当にすごい。
今回は時間が無く、アクションソングは控えめでした。
くまスカウトはボーイ隊のアクションソングを次回のお楽しみとして取っておきましょう



〜〜2日目〜〜

朝方は曇っていたためか、思ったより冷え込みませんでした。
DSC03782.jpg

さっそく朝食の準備
DSC03785.jpg
DSC03787.jpg
メニューは、昨夜の残りの豚汁と納豆+大量ウインナー

DSC03788.jpg
DSC03789.jpg

朝のセレモニー
DSC03791.jpg

そしてスカウツオウン
DSC03793.jpg


今日のプログラムは刃物研ぎ
DSC03795.jpg
隊長から刃物の研ぎ方の説明を受けて、いざ実践。
DSC03798.jpg
切れ味の悪かったナイフの切れ味が見事に復活しました。
ちゃんと手入れしていない切れないナイフや包丁は逆に危ないので、こまめな手入れが大事だ。習慣付けること!


そして3度目の炊飯タイム
DSC03801.jpg
DSC03805.jpg
お昼はレトルトカレーで簡単に済ませました。


お昼に14団カブ隊がバスに乗って遊びに来てくれました。
DSC03806.jpg
BS体験中の6団くまスカウトにもごあいさつ。
14団カブ隊も焼き芋を堪能してました。(お裾分け頂きありがとうございました。写真なしm(_ _)m)


そして撤営作業
DSC03808.jpg
夜露も結露も完璧に乾燥したので撤収も楽ちん。


テキパキと撤営作業は完了し、時間が余ったので、カブ隊ボーイ隊合同の「6団vs14団 対抗しっぽ取りゲーム」
DSC03809.jpg
DSC03812.jpg
DSC03813.jpg
成績は1回目の練習(?)を除くと、1対1の引き分け
子供達が元気に走り回っている姿を見ると何だかホッとするおじさんリーダー達なのでした。

閉会セレモニー前のスカウツオウン
DSC03814.jpg

そして閉会セレモニー
DSC03818.jpg

年内の14団との合同キャンプはこれが最後です。
合同活動を沢山企画していたのに、なかなか思うように活動ができない1年でしたが、大勢での活動は楽しかったです。
また年明けの耐寒キャンプでまた会いましょう。

カブ隊くまスカウトはボーイ隊キャンプを楽しめたでしょうか。
まだまだボーイ隊のプログラムは沢山あるぞ。
来年4月の上進を待ってます。

お疲れさまでした


posted by ボーイスカウト千葉第6団 at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ボーイ隊

2021年10月31日 第21回千葉地区カブラリー

カブ隊は、第21回千葉地区カブラリー「おとぎの国へ大冒険!〜行こう!ふしぎな世界へ〜」に参加しました。

カブラリーは3年に1度開催されるもので、当初2020年10月の実施を予定していましたが、新型コロナウイルスの拡大により2度にわたって延期され、実に1年越しの実現となりました。

約100人のスカウトや体験者が一堂に会すことを喜び合うとともに、安全や感染症に十分に配慮しました。
DSC_0044.jpg

ラリーは、グリム童話をテーマに据え、「赤ずきん」「シンデレラ」「ヘンゼルとグレーテル」「塔の上のラプンツェル」の4つの作品を題材としたブースで課題に挑戦するプログラムで構成。

導入として、ベンチャースカウトがスタンツを披露。
「わたしが作った物語の題名がバラバラになってしまったのです。カブスカウトの力を使って見つけてください!」と話すグリム兄弟を助けるべく、ラリーがスタートしました。
DSC_0046.jpg

「赤ずきん」のブースでは、赤ずきんのストーリーを聴きながら、ストーリーに対応したカードを正しく並び替える課題に挑戦。
DSC_0053.jpg

「シンデレラ」のブースにおいては、かぼちゃの絵の大きさを指を使って計測し、さらに複数の中から最初に計測したかぼちゃと同じ大きさのものを探しました。
DSC_0065.jpg
DSC_0071.jpg

「ヘンゼルとグレーテル」のブースでは、追跡サインを追って魔女の居場所を見つけ、奪われた魔法使いの鍵を取り返しました。
DSC_0079.jpg
DSC_0080.jpg
DSC_0088.jpg
DSC_0092.jpg

「ラプンツェル」のブースにおいては、塔の上のラプンツェルを救い出すため、ロープの技術を駆使しました。
DSC_0096.jpg
DSC_0100.jpg

それぞれの課題をクリアして獲得した「文字付きアイテム」と「地図の切れはし」を並び替えると、物語の題名の大部分と集合場所が明らかに。
DSC_0106.jpg

集合場所では、ベンチャースカウトにより「ブレーメンの音楽隊」のスタンツが行われ、最後のヒントが示されました。
DSC_0118.jpg

カブスカウトの活躍により、グリム兄弟は忘れていた物語の題名を思い出すことができ、ラリーも盛り上りの中、閉会を迎えました。
DSC_0120.jpg
posted by ボーイスカウト千葉第6団 at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | カブ隊