2019年05月09日

2019年5月4-6日 ボーイ隊訓練キャンプT

快晴のG/W後半。令和元年最初のボーイ隊活動として毎年恒例の2泊3日訓練キャンプを行いました。
今年も昨年同様に、ジャンボリー仲間の千葉14団、27団と合同のにぎやかキャンプを行いました。
0007_xlarge.jpg
今回は6団野営地を離れ、2月のGB訓練でも利用させていただいた”あみだの森キッズ総合学習センター”の広ーい敷地をお借りしてのキャンプ。
参加スカウトの半分が4月上進の新入スカウトという変則体制。
6団の新入スカウトは初めてのボーイ隊キャンプとなるので、沢山得るものがあるはずだ。がんばれ!

セレモニーの後、さっそく設営開始
0010_xlarge.jpg
今回は前回の集会で設営訓練をしたA型テント(家型テント)を使います。
0018_xlarge.jpg
0023_xlarge.jpg
A型テントが乱立するキャンプ場。いいねぇ〜。


設営後は明日のパイオニアリングの練習を兼ねて、立ちかまどを作成。
0027_xlarge.jpg
明日はここで練習した「巻き結び」「角縛り」「筋交い縛り」を嫌というほど使うから、しっかり練習するのだ!
0028_xlarge.jpg

夕食の準備
0035_xlarge.jpg

炊事章にチャレンジ中の1級スカウト5名は、55人分の炊き出しにチャレンジ。53合のご飯を薪とコッヘルで炊き上げ、おにぎりを作ります。
0037_xlarge.jpg
0044_xlarge.jpg
53合のご飯を鍋で炊くのは普通は経験できないです。よく頑張った!


残りのスカウトは、昼間に作成した立ちかまどを使って、豚汁作り
0043_xlarge.jpg


食事の後、先輩スカウトで隼章を取得したVSスカウトと、香港ローバームートに参加したRSスカウトがまとめてくれた資料の報告をみんなで視聴しました。
0057_xlarge.jpg
0065_xlarge.jpg
BSスカウトには少し難しかったかもしれませんが、PDCAサイクルを繰り返して企画を実現させることの大切さ、英語力やコミュニケーション力を備える事で得られる新たな世界観など、これからみんながチャレンジできる道なので、参考にしよう。

今宵はここまで。
明日はパイオニアリングにチャレンジ!。大型工作物として台形橋脚の作成だ!
夜更せずに寝ろよ! おやすみぃ〜


-- 2日目 --------------------------------------------------------
朝から本日も快晴なり!
1001_xlarge.jpg

朝のセレモニー
1017_xlarge.jpg

1級スカウトによるスカウツオウンは毎回行います。
1027_xlarge.jpg
毎回、ジャンボリーに参加して頂いていた皇太子殿下も新天皇となり、多くの方に支えられて活動できている事に感謝!

今回のキャンプのメインイベントの1つ。パイオニアリングで使用する台形橋脚の資材
1029_xlarge.jpg

模型で完成イメージを共有します
1031_xlarge.jpg
1039_xlarge.jpg
6団ボーイ隊インストラクターも加わり、いざ構築へ!

1045_xlarge.jpg
1049_xlarge.jpg
新入スカウトも昨日のロープワークをふんだんに用いて麻紐を縛りまくり
1053_xlarge.jpg
麻縄を縛り続けると手がすれてメチャクチャ痛いです。でもそれはみんな一緒。
みんなで力をあわせて1つの大きな工作物を作り上げます。


3時間かけてようやく1台完成。(本当は2台作成する予定でしたが、無理は禁物)
1063_xlarge.jpg
1065_xlarge.jpg
高さ約2.5m、幅10m程の台形橋脚が完成!

自分達が作成した橋を全員で渡ります。ただし1人ずつね。(写真は特別に新入スカウトのみで)
1081_xlarge.jpg
1082_xlarge.jpg
1094_xlarge.jpg
1095_xlarge.jpg
1097_xlarge.jpg
実際に登ってみると、思った以上に高い。
でも、みんなで力を合わせて作った橋だ。崩れることない(ハズ)!


予定以上にパイオニアリングに時間を要したため、今宵は隊食。ラッキー!
1106_xlarge.jpg

2日目の締めは大営火
VS隊がエールマスター、ファイヤーキーパーなどを全て務めてくれました。
1107_xlarge.jpg
1110_xlarge.jpg
1117_xlarge.jpg
1120_xlarge.jpg
疲れているところに、ハードなアクションソングが重なり、くたくたな状態で、2日目も終わりました。
おやすみなさい。


-- 3日目(最終日) -----------------------
夜更けの小雨もなんのその、今日も朝から快晴だ!
1122_xlarge.jpg
1124_xlarge.jpg
1130_xlarge.jpg

今日は撤営。乾燥作業と撤営作業のみ。
1133_xlarge.jpg
キャンプの後は思い出と感謝の気持ち以外は何も残さない!

閉会セレモニー
1137_xlarge.jpg
優秀班には6団の2班は選ばれませんでした。
優秀班との違い、何が悪かったのかを反省し、次回のキャンプに生かそう!

解散後、6団スカウトだけで集まり、炊事章授与式。弥栄〜!おめでとう!
1147_xlarge.jpg

そしてスカウト達は帰路へ。
1149_xlarge.jpg
まだ身体が小さな新入スカウト。ザックと身長が同じくらいで、後ろから見るとザックが歩いているみたい(笑)。
気を付けて帰るんだぞ。おつかれさま〜


ボーイ隊キャンプが初めてだった新入スカウトでしたが、カブ隊とは違うキャンプ生活を堪能できたでしょうか。
訓練キャンプもあと2回で、年間活動のメインイベントの1つである夏季キャンプだ。
それまでに知識と技術を沢山取得し、夏季キャンプを楽しんで欲しいです。


最後に
今回も怪我人もなく無事にキャンプを終える事ができました。
参加頂いた各隊指導者の方々、事前の準備や調整を行って頂いた方々に感謝いたします。

14団、27団のリーダー、スカウトの皆さま。
スカウトが多いキャンプは楽しいですし、仲間意識やスカウト技能の向上意欲も上がります。
今後も機会があれば合同でのキャンプを開催させて頂ければと思います。
いろいろとお世話になりました。そしてお疲れ様でした。

posted by ボーイスカウト千葉第6団 at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ボーイ隊

2019年04月19日

2019年4月14日 ボーイ隊入隊式

春を祝う会の会場からボーイ隊はそのまま野営地へ移動し、上進スカウトの入隊式を行いました。
天気予報では夕方から雨と風。新年度の出だしは久しぶりに波乱での幕開けか?

入隊式の前に、まずは記章授与式。
0100_xlarge.jpg
野営章考査にチャレンジしていた5名の1級スカウトでしたが、この度全員揃って野営章を取得することができました。
DSC00516.jpg
0103_xlarge.jpg
新人スカウトからも「弥栄」の祝声。おめでとう!!
考査の準備から実施まで全てをおこなって下さった隊長、ありがとうございました。


入隊式は日没後なのでそれまでは式のリハーサル。雨が心配・・・
DSC00520.jpg
0106_xlarge.jpg
午前中のカブ隊姿から、新制服に着替えた上進スカウト達。
制服のダボダボ感がかわいいけど、立派なお兄さん・お姉さんに見えます。
0109_xlarge.jpg
バンブートーチと松明が入隊式を彩ります。


そして日が暮れ、トーチに灯がともり「営火の祈り」の歌声とともに入隊式が厳かに始まりました。
…がぁ!、カメラの撮影モードが違っていたようで、写真はピンボケ m(_ _)mスマン
なので雰囲気だけ感じ取ってください。
0111_xlarge.jpg
0113_xlarge.jpg
0114_xlarge.jpg
7名の上進スカウトがしっかりと誓いを立て、隊長にネッカチーフを掛けてもらいました。
これで立派なボーイ隊隊員だ。これからよろしくお願いします。


入隊式後はカートンドックを作り、新入スカウトが加わった新班体制で親睦を深めます。
0117_xlarge.jpg
0119_xlarge.jpg

最後にデザートに焼きマシュマロ
0123_xlarge.jpg

最後に全員でスカウトサイン
0125_xlarge.jpg
「私たちは良いスカウトになります!」

心配していた雨も全く問題なく、予定していた内容は全て消化。
(帰路についたとたんに大雨でした(^_^)v)
今年度も出だしは良好、素晴らしいスタートになりました。
これからもみんなで頑張って、元気に楽しいスカウト活動をしていくぞぉ!

お疲れさまでした!
続きを読む
posted by ボーイスカウト千葉第6団 at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ボーイ隊

2019年03月29日

2019年3月24日 ボーイ隊炊事章への道

先週の野営章への道に続き、本日は1級スカウトによる炊事章への道!
普段の活動ではなかなか達成出来ない課題を一気に修得するのだ!
今回も27団の1級スカウトと一緒です。
0001_xlarge.jpg

まずは食品の腐敗防止法と魚料理を兼ねて、鯵の干物を作成。
例年は腹開きでしたが、今回は新課程となったこともあり、3枚おろしにチャレンジ
0004_xlarge.jpg
0005_xlarge.jpg
0006_xlarge.jpg
塩水漬けも終わり、乾燥のためにネットに入れて干します。(この後陰干しに)

お次はかまど作り。
いつもの立ちかまどではなく、山の中にもあるもので簡易的に作れるかまどをいくつか作成。
0013_xlarge.jpg


そして春の野草料理に。
今回はタラの芽、うるい、こごみ、ノビルなど、普段あまり食べることがない春の味覚を堪能。
0016_xlarge.jpg
これはノビル。毎年スカウトには大人気
0020_xlarge.jpg
0024_xlarge.jpg
0026_xlarge.jpg

野草の天ぷらをおかずに、ざる蕎麦でお昼ご飯。
0027_xlarge.jpg
0028_xlarge.jpg
0029_xlarge.jpg
0030_xlarge.jpg
0033_xlarge.jpg
少しほろ苦い春の野草を堪能。


お次は非常食についての勉強。 ハイキング時に行動食として用いるもの、アルファ米や缶詰、カンパンや非常用パンなど、種類はたくさん。
0035_xlarge.jpg
非常食の実食。最近のものはとてもおいしい
0038_xlarge.jpg
オイルサーディン。贅沢だ
0039_xlarge.jpg

まだまだ課題はあります。お次は防水マッチ作成
0040_xlarge.jpg
0041_xlarge.jpg

せっかくなのでアックス(斧)の使い方も体験しておこう。
0046_xlarge.jpg
0047_xlarge.jpg

0048_xlarge.jpg
なれれば女子スカウトだって、見事パッカーンと巻き割り成功!
0049_xlarge.jpg

まだまだやります。お次はストーブの使い方
0052_xlarge.jpg

やばい、日が傾いてきた。
そして最後にろ過装置の作成
0056_xlarge.jpg
0057_xlarge.jpg
毎年失敗するので、ことしは2.5Lのペットボトルを使用してみたら、今年はいい感じに透明っぽい水が。
でもやはり100%のろ過には程遠いか。 
飲み水の確保方法として蒸留法など他にもいろいろあることを学びました。

最後にレポートまとめ。
0058_xlarge.jpg
0059_xlarge.jpg


いやぁ、毎年やっている炊事章準備集会ではありますが、やることがたくさんあって大変。
隊長、いろいろ準備して頂いてありがとうございます。

全員で炊事章を見事取得できるように頑張ってくれるはずです。
お疲れ様でした。


posted by ボーイスカウト千葉第6団 at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ボーイ隊

2019年03月28日

2019年3月17日 ボーイ隊野営章への道

ボーイ隊の1級スカウトが技能章のうちの1つである「野営章」の取得にチャレンジ中の様子です。
今回は千葉27団のスカウトも一緒にチャレンジしてます。

0002_xlarge.jpg

家型テントとドーム型テントを含む、代表的なテントを3種類以上張り、特徴、用途を説明します。
ドーム型テントは普段の活動で使用しているので、今回は久しぶりのA型テント(家型)テントを2種類張ります。
0004_xlarge.jpg

まずはスカウト用のA型テント設営。
0008_xlarge.jpg
0012_xlarge.jpg
0016_xlarge.jpg

そしてこちらは指導者テント
0018_xlarge.jpg
0020_xlarge.jpg

ドーム型テントとの違い、利点・欠点などわかるかな?
0026_xlarge.jpg


以下@とAは@がスカウト用テント、Aが指導者用テントとです。違いがわかるかな

@スカウト用テント
IMG_1786.jpg

A指導者用テント
IMG_1788.jpg



27団スカウトはキャンプ生活必要な用具や設備、立ちかまどを含む3種以上を製作します。
20190317_143007.jpg
IMG_1792.jpg

その他にも、ランタンやストーブの種類・扱いなどの技術面、衛生についての理解度など野営章取得へのお題はまだまだ沢山あります。
ボーイ隊在籍中に獲得できるか?!楽しみだ。
がんばれ!

posted by ボーイスカウト千葉第6団 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ボーイ隊

2019年02月26日

2019年2月23-24日 ボーイ隊GB交流会

昨年秋に台風で中止となった『第7回千葉地区ボーイ隊グリーンバー交流会』を千葉市緑区にある”あみだの森キッズ総合学習センター”をお借りして行いました。

”グリーンバー”(以下、GB)とはボーイ隊の班長章・次長章が緑の横線であることから、その記章を持つもの(班長・次長および上級班長)の総称として呼ばれます。

このGB交流会では、千葉地区所属の各団ボーイ隊GBがこの「あみだの森」に集まり、他団のGBとの交流を通じて気付きを得る事を目的としています。
0129_xlarge.jpg
北風が強く、花粉も飛びまくっていますが、気温は高く快晴の中でのセレモニー。
花粉症で辛そうな実行委員長(がんばれ!)のあいさつ。
0132_xlarge.jpg


”あみだの森”は小高い丘の上にある広大な敷地です。
0139_xlarge.jpg
0141_xlarge.jpg
設営完了。4班がテントとタープを張っても寂しいくらい広いです。


炊事場には昨年夏の日本ジャンボリー以来となるブルーシートの大屋根が登場。
1004_xlarge.jpg
1021_xlarge.jpg
1023_xlarge.jpg

初日は設営と仲間と打解けあう事で、あっという間に日が暮れます。
夕焼けがきれいだ。
1025_xlarge.jpg


投光機も登場して快適な炊事場
1032_xlarge.jpg


夕食後は大営火
1036_xlarge.jpg

各班でスタンツを披露
1042_xlarge.jpg
1043_xlarge.jpg
1047_xlarge.jpg
写真はありませんが、リーダー達のスタンツも頑張ったぞ

気温は下がり、本部の腰巻付きマーキーの中での班長会議の図。
1048_xlarge.jpg
自団での班長・次長の時とは異なる苦労や反省、改善点を明日に活かしてください。
おやすみなさい。


<2日目>
氷点下2℃まで気温が下がった”あみだの森”
地面もテントも凍ってます。さむいぃぃ〜(+_+)
1052_xlarge.jpg

それでも自ら動いて準備を進めないと朝食にあり付けません。
1054_xlarge.jpg

食後の点検。このころには気温も上昇
1057_xlarge.jpg

朝礼。すっかり気温も上がって、本日も快晴なり!
1060_xlarge.jpg

上級班長によるスカウツオウン
1063_xlarge.jpg


本日のプログラムは屋外工作『テーブル作成』
筋交い縛りと角縛りを使うことが必須条件。
昨日、各班でそれぞれが設計した通りのテーブルが出来上がるか楽しみだ
1071_xlarge.jpg
1074_xlarge.jpg
1075_xlarge.jpg
1081_xlarge.jpg

そして審査タイム!
結索強度や利便性、工夫点やデザイン性を評価します。
1084_xlarge.jpg

ライオン班は立ちかまど風のテーブル
1085_xlarge.jpg

コブラ班は脚の完成が1本間に合わず7本脚ですが、棚があるテーブル
1087_xlarge.jpg

スズメ班は大きなローテーブル。天板が工夫されてます
1089_xlarge.jpg

バッファロー班は調理台のようなテーブル。下段の物置が便利。
1093_xlarge.jpg
さすがGB、立派な(ように見える)テーブルが出来あがりました。

いろいろ工夫はあったものの、生まれたての小鹿のように足がプルプルしてたり、斜めっていたりとまだまだ訓練が必要だ。


いよいよ結果発表!
審査委員長が集計結果を発表します
1095_xlarge.jpg

優勝班は・・・「コブラ班!」
結索が良くできていたところ、デザインに工夫があったところが高く評価されました
1097_xlarge.jpg
実行委員長からは記念品が贈呈。おめでとう、弥栄!



最後にKJ法を用いて、今回のGB交流会の振り返りをしました。
1105_xlarge.jpg
1107_xlarge.jpg


閉会セレモニー
1123_xlarge.jpg

0127_xlarge.jpg
あっという間の2日間、マイナス2度から日中は14度と寒暖の差が大きいキャンプでした。
みんな他団の仲間と親睦を深められたようです。
今回の経験でつかんだものを自団に戻り班活動に活かせればよいと思います。

お疲れさまでした!







posted by ボーイスカウト千葉第6団 at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ボーイ隊

2019年02月18日

2019年2月16-17日 ボーイ隊耐寒キャンプ

本日のボーイ隊は年明け最初のキャンプです。
野営章取得と、来月予定している班キャンプに向けての訓練&耐寒キャンプになります。

先週は雪景色の野営地でしたが、今日は風もなく日差しがあって例年より暖かい耐寒訓練になりそう♡
0021_xlarge.jpg

いつもは最初に設営を行いますが、今回は設営前にバックベアリングの実習。
0024_xlarge.jpg
来た道を戻る、これが自然の中では困難になる時があります。
そのような時に備え、コンパスを使ってスタート地点に戻るコツを修得しました。(写真少なかった・・)


日差しがなくなり寒くなってきたので、昨年倒した老木の根っこ堀りで体を温めます。
0026_xlarge.jpg
0028_xlarge.jpg
もっと時間がかかるかと思いきや、さすが若者達です。何と15分で見事に掘り起こしました。
キャンプ場の真ん中近くにあった切り株だったので、すっきりしました。
\(^o^)/御苦労であった、スバラシイ!



そして設営。こちらは慣れたもの。あっというまに設営完了。
0030_xlarge.jpg

耐寒キャンプの夕食。
0035_xlarge.jpg
やはり鍋だ。これがないと凍えます。
0039_xlarge.jpg


夜プログラム。
いつもは営火ですが、今回は野営章修得に向けた訓練キャンプなので少しお勉強。
野営章への道@「3種類以上の灯火を使用する!」 色々なランタン、ストーブを使ってみました。
0041_xlarge.jpg
0044_xlarge.jpg



<2日目>
昨日掘り起こした老木の根っこは、生乾きのままでしたが焚火にIN! 
さすがに2日間では燃え尽きません
0046_xlarge.jpg


朝礼の図
ん?スカウトが少ない・・・、バッファロー班がいない?
0048_xlarge.jpg
バッファロー班は朝の点検が間に合わず、後片付け中(;一_一)
なぜ、遅れたのか、無駄な動作、効率の悪い作業、班員の連携、無駄口や悪ふざけ、夜更かしによる寝不足(寒さもあったが)等々、原因がどこにあるのか、しっかり考えて反省しなさい!


撤営後、野営章への道A「竹を使ってキャンプに必要なものを作る」
1つ目は立ちかまど作り。
0051_xlarge.jpg
昨年は17NSJの関係から、あまり立ちかまどを使わなかったのですが、体が覚えていることに期待。
0052_xlarge.jpg
0053_xlarge.jpg
出来上がりはしましたが、遅い遅い、時間がかかりすぎ!

お次はテーブル作成。
0058_xlarge.jpg
結局、立ちかま作りに時間がかかりすぎて、タイムアウト。
今回は進歩手帳へのサインはお預け!。次回がんばろう!!

今回の訓練キャンプは反省点が多すぎ。
次のキャンプは班員だけで行う班キャンプ。このままじゃ実行も危ういぞ。
今回の反省を次回に向けて計画し、実行に移すこと。



閉会式でコブラ班班長・次長の任命式を行いました。
現班長は今回のキャンプをもって隊付きになります。よく頑張った!
0060_xlarge.jpg

そして新班長と次長の任命
0102_xlarge.jpg
0104_xlarge.jpg

4月にはカブ隊から今のボーイ隊と同じ人数が上進してくるかもしれません。
諸先輩や隊長から教わったことを思い出し、班をリードしてください。
期待してるぞ!がんばれ!


posted by ボーイスカウト千葉第6団 at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ボーイ隊

2019年01月28日

2019年1月27日 ボーイ隊くまスカウト体験班ハイク(座標ハイク)

スキー訓練も終わり、1月最終週の快晴の日曜日、本日のボーイ隊は4月にボーイ隊に上進するカブ隊くまスカウトを迎えて、班ハイクを行いました。

前回の班集会で準備した座標付き地図を使用して、くまスカウトと一緒に10kmをハイキングします。
今回のコースはかなり冒険心をそそるコース。
座標に示したポイントでクリアするお題もあるぞ。
0002_xlarge.jpg

まずはコブラ班から元気に出発!迷うなよ
0007_xlarge.jpg
15分のインターバルをおいてバッファロー班も出発!
0009_xlarge.jpg

リーダーは少し後ろから背後霊のように付いていきます。
(本来は班ハイクなのでスカウトだけでのハイキングですが、カブスカウトもいるし、野営地で待っているのも寒いので・・・)
0010_xlarge.jpg

風がなければ春のような日差しで温かい。里山を気持ちよく歩いてます。
0012_xlarge.jpg

今回のコースはこんなやぶの中を歩くのだ。
0015_xlarge.jpg
地図と目印、コンパスを使ったり太陽の向きなど、多くの情報を元にひたすら歩きます。

一番の難所。「こんなとこいけるの?」的なコース。
0019_xlarge.jpg
地図では北に向かっているはずですが、正面に太陽?コース違ってるぞ。早く気付いてくれ・・・
迷ったら分かる位置ま戻りましょう。

何とか正規ルートに復帰
0021_xlarge.jpg

ここで先発したコブラ班のお昼タイムと遭遇。
0023_xlarge.jpg
0024_xlarge.jpg
一足先にコブラ班は復路へ
(この後、コブラ班はお約束どおりにコースアウト(ToT)。大幅にタイムロス)


バッファロー班も折り返し地点の熊野神社に到着。
0027_xlarge.jpg
「迷わずに戻れるように」と神頼み。

0025_xlarge.jpg
この熊野神社には水準点があります。



途中にある2つのめの神社。金比羅神社でもお参り。
0029_xlarge.jpg

もうすぐゴール。
0030_xlarge.jpg

先発隊のコブラ班が道に迷っている間に、後発のバッファロー班が先にゴール!
2回程道を間違えましたが、予定通りにゴール。おみごと!
0031_xlarge.jpg

時間が余ったので、くまスカウトに国旗掲揚の指導。
0032_xlarge.jpg
0034_xlarge.jpg

くまスカウトのみんな、ボーイ隊のハイキングはどうだったかな?
藪の中を歩いたり、ちょっと難しい座標ハイクでのお題があったり、道に迷ったりと(これは余計ですが)、楽しめたでしょうか。

4月に是非ボーイ隊に上進して一緒に楽しもう!待ってるぞ!
posted by ボーイスカウト千葉第6団 at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ボーイ隊

2019年01月23日

2019年1月19-20日 スキー訓練 in 石打丸山スキー場

今年もやってまいりました、千葉6団スキー訓練!
合宿場所は例年と同じく、カブ隊が新潟県の石打花岡スキー場、その他は石打丸山スキー場です。
(カブ隊の写真なくてごめん)

今年は6団のカブ隊・ボーイ隊・ベンチャー隊・ローバーに加え、昨年夏の17NSJで千葉1隊参加隊として一緒に活動したBS千葉14団と27団との合同開催となりました。
しおり.jpg

朝4時に千葉駅前に集合し、バスで出発!
インフルエンザが大流行している中、欠席者はゼロ。すばらしい。
IMG_0010.jpg

午前9時前に南魚沼市の宿舎へ到着
今回もお世話になる『WHITE STAR』さん。今年もよろしくお願いします。
ちなみにCS隊はもう1つの常宿『CANADA』さんへ。
IMG_0020.jpg

すぐに着替えてゲレンデへ
IMG_0025.jpg
積雪量は十分。天気は晴れ・曇・雪と変わりやすい天気でしたが、風がなく気温も高めでコンディションは○

1日目は3班に分かれてスキースクールへ入校。
IMG_0030.jpg
コーチにご挨拶。昨年と同じコーチもいました。
IMG_0039.jpg
IMG_0070.jpg
IMG_0041.jpg
IMG_0050.jpg
IMG_0051.jpg
IMG_0052.jpg

RS隊はスノーボードで別行動。怪我するなよ
IMG_0055.jpg

宿にもどってランチタイム。 スキーにはカレーだ。
地元、魚沼産コシヒカリの米はおいしい。しかもお代わり自由に感謝!
IMG_0060.jpg
IMG_0061.jpg

午後もスクール。
スキーがはじめてのスカウトもあっという間に上達してます。
IMG_0071.jpg
IMG_0080.jpg
IMG_0081.jpg
IMG_0082.jpg
IMG_0083.jpg

1日目の訓練が終わり、夕食
IMG_0090.jpg
IMG_0091.jpg
IMG_0093.jpg
IMG_0094.jpg
朝が早かったので、早々に消灯。
明日もたくさん滑るので、怪我をしないようにしっかり睡眠をとるのだぞ。



2日目
天気予報では午後から傘マーク。何とか天気がもってほしいです。
IMG_0095.jpg
IMG_0096.jpg

昨日の3班に分かれて、班別のスキー。
昨日教わった事を思い出しながら、今日もたくさん滑るぞ!
IMG_0102.jpg
IMG_0101.jpg

準備体操のあとは、恒例のおやつ争奪スノーフラッグ
0136_xlarge.jpg


今年の石打丸山スキー場の目玉、最新鋭の新設リフト。
10人乗りのゴンドラと6人乗りのチェアが同一線路上で運行される混合型リフトで世界初だそうです。
IMG_0229.jpg
6人乗りリフトはフード付き、しかもシートはふかふかでヒーター付きなのだ。
暖かくてリフトから降りたくなくなります。
IMG_0230.jpg
ゴンドラ内。9人で乗りましたが余裕のスペースで広々



各班ともに「友情の鐘」がある頂上に到達
IMG_0231.jpg
IMG_0220.jpg

IMG_0232.jpg
IMG_0210.jpg
IMG_0233.jpg
IMG_0234.jpg

2日目のスキー訓練もあっという間に終わりです。
IMG_0250.jpg
バス到着を待つ間は雪合戦
この頃に天気がみぞれから雨に。雨の中のスキーとならず良かったぁ


宿に戻って2日目のカレー
用意していただいた大量のカレーを見事完食。大鍋が空っぽになりました。
IMG_0302.jpg
宿のオーナーからジャンケン勝者にプレゼントも。
IMG_0305.jpg



オーナーと一緒に宿舎前で記念撮影
IMG_0310.jpg
二日間ありがとうございました。また来年もお願いします。


一泊二日の工程なのであっという間です。
「もっと滑りたい!」という気持ちを次回の楽しみにして、全員無事に千葉へ戻りました。

今年も怪我人もなく、無事にスキー訓練を終わらすことができました。
早くから準備を進めて頂いた隊長、宿のスタッフ、バスの運転手さん、ゲレンデスタッフの皆さん、各隊リーダー・保護者の皆様、全員に感謝いたします。
ありがとうございました。
おつかれさまでした。

posted by ボーイスカウト千葉第6団 at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ボーイ隊

2019年01月22日

2019年1月13日 ボーイ隊GB訓練・班集会(座標ハイク準備)

本日のボーイ隊は1月末に行う班ハイクの準備を隊長宅で行いました。

今回の班ハイクは座標ハイク
地図をマス目にして、指令書に記載されたポイントとなる座標からコースを導き出します。
007.jpg
ハイキングは4月に上進してくるカブ隊くまスカウト達も参加するぞ。
危険な場所や迷いそうな道を事前にチェック。迷うなよぉ〜。


午前中のGB(グリーンバー)訓練では隊長から班長・次長へ指導が行われ、午後の班集会ではGBから班員への説明が行われました。
006.jpg
005.jpg
みんな自分が使用する地図からコースを見つけ出してます。


庭では新たに追加されたアイテム。技能章考査時に使用する灯油を燃料としたストーブ。
使用方法をリーダーが事前にチェックします。
001.jpg
004.jpg
説明書が分かりづらい。
火力が強いのは良いのだが、ストーブ本体まで熱くなるのが難点・・・。


台所では隊長宅にあったリンゴを頂き、副長がおやつにタルトタタンを作ってくれました。
008.jpg
ちょっと手を加えるだけで、リンゴがお洒落でさらにおいしいおやつに変身!うましっ!




ハイキングも技能章考査も事前の準備が大切です。
「安全は何よりも優先」ということを忘れずに「そなえよつねに」を実践した一日でした。



続きを読む
posted by ボーイスカウト千葉第6団 at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ボーイ隊

2018年10月22日

2018年10月21日 ボーイ隊船橋三番瀬クリーンアップ

本日のボーイ隊は毎年恒例のイベントとなった「ふなばし三番瀬クリーンアップ」への参加です。
奉仕活動への参加と次月のオーバーナイトハイクに向けた体慣らしを兼ねた活動です。

JR船橋駅へ電車で移動し、そこから海岸まで片道5kmのハイキング。
DSC02085.jpg
DSC02086.jpg
さすが最上級生の班長・次長、しっかり読図してます。


DSC02087.jpg
そして、しっかり進路を見失ってます。 コラァー(`◇´メ) おしゃべりしながら歩いてるからだ(怒)


その後は順調に進み、無事に三番瀬へ到着。
最高の天気の中、すっかり雪化粧した富士山が迎えてくれました。
DSC02088.jpg

DSC02089.jpg
どや顔です(さっき道に迷ってたのに・・・)。



ここで、コブラ班の班長・次長任命式。
DSC02092.jpg
隊長からグリーンバーの班長章・次長章を授与されました。
スカウトが少ない体制だけど、がんばるんだぞ!


そして「ふなばし三番瀬クリーンアップ」の開会式が行われ、清掃作業の開始
DSC02094.jpg
DSC02095.jpg
ここ数年で海岸のゴミもかなり減ってきました。

DSC02098.jpg
みんなで記念撮影。お疲れ様でした。


清掃後は大会側で企画された「自然観察会」に参加。
三番瀬という干潟に生息する生き物について、ガイドの方から説明を受けます。
DSC02099.jpg

潮の引いた干潟でじっとしていると、小さなコメツキガニがたくさん。
DSC02101.jpg

DSC02102.jpg
干潟は小さな生物によって保たれているという事がよくわかりました。


DSC02103.jpg

海岸で見つけたカニや貝殻をもちよりガイドさんが説明してくれました。
DSC02108.jpg

その中でガイドさんが見つけたガザミ(カニ)↓
DSC02111.jpg
これは「ノコギリガザミ」といい、従来は沖縄以南に生息しているそうです。
東京湾では某アイドルTV番組の海岸で発見され話題になったもので、今回の発見にガイドさんも驚いていました。
確実に温暖化が進んでいる証拠でもあり、なんだか複雑な気分です。

最後にアサリが入った水槽と入っていない水槽に米のとぎ汁を入れ、時間が経過するとどう変わるかの実験結果をチェック!
DSC02112.jpg
わずか30分ほどの間でしたが、アサリの浄化機能によりにごった水が澄んでいます。
小さなアサリですが、生き物の力はすごいぜ。



お昼の後は、しばし休憩。
DSC02115.jpg
整備された三番瀬海浜公園につくられた噴水広場。

DSC02116.jpg
小さな子供にまぎれて、ボーイ隊も大はしゃぎ。

DSC02118.jpg
DSC02119.jpg
「服を濡らすなよ」のリーダの忠告もなんのその。最後はやはりこうなる・・・・。
「君たち、電車で帰るんだよ・・・・」


結局、パンツまでビショビショの男子はパンツを脱いでそのまま制服をON(-_-;)
DSC02120.jpg
いつまでも少年の心を持ったスカウトでよかった良かった(ーー;)

そして一向は帰路へと
DSC02122.jpg


多くの生き物のおかげで海岸が守られていることがよく分かり、干潟に対する理解と関心が深まった一日になりました。
むかし、千葉には沢山あった干潟ですが、今は富津とここの2箇所だけ。

我々が汚してしまった海に対し、少しではありますが我々にもできることが行えました。
残った自然を大切にし、後世に残していきたいものですね。


また来年!お疲れ様でした。

posted by ボーイスカウト千葉第6団 at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ボーイ隊