2017年12月09日

2017年12月2-3日 ボーイ隊訓練キャンプF

今年一番の寒さの中、ボーイ隊は本日も訓練キャンプを行います。

落ち葉の絨毯に敷き詰められた野営場。また掃き掃除からスタートなのだ。
DSC00298.jpg
木々の葉もだいぶ少なくなってきましたが、もう少し落ち葉との格闘は続きそう…(;´∀`)
これも自然の中で活動させてもらっているということの証です。

さあ、キャンプ開始だ!っといきたいところですが、スカウトが班長と次長の2人というさみしい開会セレモニー。
DSC00300.jpg
土曜の登校日や部活、ヒューストン派遣隊キャンプに参加など、なかなかスカウトが集まりません。
いまどきの小中学生は忙しすぎだ。

と、いう事で設営後は急遽GB訓練となりました。
隊長から野営章の課題であるランタンの扱い方を教わります。
DSC00301.jpg
灯油ランプのあかりってやっぱりいいね。
LEDやホワイトガソリンのランタンとは違う温かい炎。でも夜の活動にはちょっと暗いか。


夕方までスカウトが来ないので、リーダー達はたき火にあたって井戸端会議
DSC00299.jpg

その後、スカウトが1人、2人と集まりだし、日が暮れていくのでした。

夜はミニ営火。久しぶりだったので、沢山のソングを歌いました。
12月らしく「歓びの歌」もね。
DSC00330.jpg


温かい千葉では珍しく12月上旬で4℃まで気温が下がり、薄い寝袋しかない私Y副長は寒さに耐えながら寝袋で丸くなり、夜中の尿意も「気のせいだ」と自分をごまかして夜明けを待つのでした(でも爆睡)。



2日目はカブ隊の組集会、ローバー・団委員の倉庫作りなど、野営地はにぎやか。
DSC00338.jpg


2日目は今年の年末集会の企画である恒例の料理大会にむけた練習。
(ここから、前週の班集会の時の写真とゴチャ混ぜ)
DSC00337.jpg

今回使うカマドを設計。
DSC00306.jpg
火加減を弱くするために工夫してます。
DSC00307.jpg

DSC00308.jpg
何を作るのかな。写真右は誰がどう見ても「たこ焼き」だね。
たこ焼き以外のメニューはヒ・ミ・ツハート(トランプ)
DSC00309.jpg
キャンプ場でたこ焼き。これはこれで楽しい。

DSC00313.jpg
あつ熱でおいしいんだけど、焼きムラがあるのと、思った以上に時間がかかるなど、課題がいっぱい。

年末集会の料理大会、ボーイ隊は何を作るかお楽しみに!



DSC00334.jpg

われらがO副長が、長年に渡り千葉市の社会教育に貢献されたことに対し、千葉市教育委員会から表彰されました。
\(^O^)/ おめでとうございます! \(^O^)/
DSC00335.jpg
全員で祝声、「弥栄、弥栄〜!」
DSC00336.jpg





<おまけ>
今年の秋は寒暖の差が大きかったため、キャンプ場周辺もきれいに紅葉しました。
特に紅がきれい!
DSC00345.jpg


posted by ボーイスカウト千葉第6団 at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ボーイ隊

2017年11月12日

2017年11月11-12日 ボーイ隊訓練キャンプE

本日のボーイ隊はすっかり秋めいた6団野営地での訓練キャンプ

少し風が強いですが頑張るぜ! ・・・っと張り切ってスタートのはずが、スカウトはテスト直前やら部活、授業参観日、体調不良などが重なり、な・なんと夕方近くまで参加スカウト0人
(@Д@)Oh,No

リーダーはひたすら、積もりに積もった落ち葉で地面が全く見えなくなっている野営地の落ち葉を掃き続けてスカウトの到着を待つのでした。

最初のスカウト到着後、夕暮れまでにテント2張とタープ1張を一気に設営。夕食近くに1名、2名とスカウトが集まり、写真を撮る事も忘れたバタバタした1日目は終了。疲れた・・・。


2日目は気持ちの良い秋晴れ
昨夜は北風が吹き冷え込みも厳しかったですが、その風もやみ、温かい朝の陽に包まれて気持ちがいい。
DSC00218.jpg


本日のプログラムはパン作り。なぜパンかというと、その理由はヒ・ミ・ツハート(トランプ)
DSC00225.jpg
DSC00226.jpg

カレーパンマンも登場。他にもアンパンマン、6団キャラクターのろくろう君も作成。
DSC00229.jpg

今回はオーブンではなく網焼きで。
直ぐに焦げてしまい、火加減や焼き加減が難しい。
DSC00230.jpg

焼き上がり。パンの中身はチョコレート。
DSC00233.jpg
パンのにおいと味がする生焼け部分が残ったおやき風チョコレートパンの出来上がり。
まだまだ工夫と改善が必要だ。イメージと実際にやってみるのとで違いが分かり、改善個所も見えてきます。
次回でリベンジなのだ。


DSC00221.jpg

次週はお待ちかね(?)のオーバーナイトハイク。
風邪をひかないように体調管理をバッチリ行い、ベストな状態で参加をまってるぞ。



<おまけ>
野営地の隅では、団委員・ローバー隊の力をお借りし、創団60周年記念として計画された新しい団倉庫の建築中。
作業、ありがとうございます。
DSC00223.jpg
既にここまで完成。出来上がりが楽しみだ!

posted by ボーイスカウト千葉第6団 at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ボーイ隊

2017年10月07日

2017年9月30日-10月1日 ボーイ隊くまスカウト体験キャンプ

本日のボーイ隊活動は、カブ隊くまスカウトを招いてのキャンプです。
 
落ち葉が敷き詰められ、秋めいた野営地でのセレモニー
DSC09992.jpg
今年は2名のくまスカウトが参加。
ボーイ隊がどのような活動をしているのか、十分味わってもらおう!

まずは設営
DSC09994.jpg
DSC09995.jpg
カブ隊とは違い、リーダーは手を貸しません。
全て自分達の力で設営するのだ。がんばれ

順調に設営が完了し、時間がちょっと空いたので、午後プログラムの前に班対抗での火おこし競争。
80cmに張った麻紐を火で焼き切ります。
DSC09998.jpg
DSC10002.jpg
今回は薪使いたい放題、積み放題の大サービスルールだったので、火がついたら一瞬で終了。
そりゃそうだ、麻紐と薪の間は10cmくらいだし。


でも本来の目的はその後。
おこした火を使って焼き芋ハート(トランプ)
DSC10003.jpg
火が強すぎて外側は炭に。でもちゃんと焼き芋になってました。

DSC10004.jpg
野営地に落ちていた大量の栗もおやつに。


そして夕食はサンマ
DSC10028.jpg
DSC10012.jpg
ハート(トランプ)ハート(トランプ)秋の味覚を堪能ハート(トランプ)ハート(トランプ)
気が付けば周囲は蝉の声からコオロギ、キリギリスの声に代わり「すっかり秋だなぁ」と思いながらサンマをむさぼるリーダー達なのでした。


夜はミニ営火と夏キャンプでできなかった花火
DSC10014.jpg
DSC10016.jpg

夜は少し寒いくらい。
夏の終わりを惜しみつつ、夜は更けていきました。



翌日はボーイ隊スカウトからの要望で「サバ飯」。ほんとに好きだねぇ
(サバ飯:空き缶2個で炊くごはんです)
DSC10024.jpg
DSC10029.jpg
今回は、な・なんと、サバ×2
サバ焼き(こっちは本当の魚の鯖)がおかずに。贅沢三昧。


DSC10032.jpg
今回も晴天に恵まれたキャンプになりました。
くまスカウトの2人も楽しめたでしょうか。

来年度、ボーイ隊に上進して一緒に活動できたらいいね。
待ってるぞ。

ちなみに、いつもこんな豪勢なご飯ばかりじゃなないので。
あしからず


 
posted by ボーイスカウト千葉第6団 at 10:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ボーイ隊

2017年07月09日

2017年07月09日ボーイ隊カッター訓練


本日のボーイ隊、7月プログラム恒例となる海洋少年団のご協力を得てのカッター訓練です。

カッターって知ってますか?
分かりやすいのが、豪華客船の脇に括り付けられているあの救命ボートです。
その操舵を体験します。

梅雨の合間の真夏を感じさせる稲毛ヨットハーバー。
沢山のヨットが出廷してました。
DSC05292.jpg

今回も千葉1団、15団との合同訓練です。
DSC05267.jpg

今回は赤潮が出ていたので海の色は一面赤味噌汁の様で匂いがきつい
でも、これも自然現象として受け止めます。
DSC05270.jpg
DSC05273.jpg
DSC05288.jpg
カッターは6人が息を合わせて漕がないと前には進みません。 
最初は体力と経験の差はありましたが、徐々に良い感じに進むように。

船の上はこんな感じで、船長の号令のもとで漕ぎ手はひたすら動力の一部に徹します。

今回はあいにく西風が強く、湾からは出られませんでしたが、仲間と力を合わせて成し遂げたという経験が結束力を高めていったのではないでしょうか。

DSC05294.jpg
カッターの陸揚げ。これも一人では出来ません。
全員の協力が必要。


DSC05296.jpg
あっという間でしたが、手の皮がむけたスカウトも。
いい経験ができたのでは。


今回も海洋少年団スタッフのご協力のもと、貴重な経験をさせて頂き感謝致します。

夏キャンプに向け、結束力強化と肌の下焼きも完了。
夏本番だ。暑さに負けず頑張ろう!

posted by ボーイスカウト千葉第6団 at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ボーイ隊

2017年06月25日

2017年6月25日 ボーイ隊手旗訓練中

ボーイ隊科目で必修になった手旗信号。
団委員長直々の訓練中。
IMG_1406.JPGIMG_1408.JPG
posted by ボーイスカウト千葉第6団 at 12:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ボーイ隊

2017年05月06日

2017年5月3-5日 ボーイ隊訓練キャンプA 14団合同キャンプ

雨予報もないG/Wの6団野営場で、14団ボーイ隊と合同のキャンプ訓練を行いました。


6団では毎年このGWの訓練キャンプで大型クラフトを行います。
今年は何を作成するのかな。

開会セレモニー
DSC05055.jpg
14団は昨年夏の県キャンポリーに混成隊(千葉2隊(614隊))として参加してから継続してお付き合いさせてもらっている気心知れた仲間です。

今回は前回の訓練キャンプで設営練習を行ったA型テントで3日間過ごします。
DSC05065.jpg
DSC05068.jpg
DSC05067.jpg
前回の練習の成果が見られ、上手に張れてます。
広い野営場もA型テントを6つ張るとさすがに狭い。

1日目は設営と炊事でほぼ終わり。
明日の営火に向けたソング練習。
DSC05079.jpg


2日目の朝。本日も快晴!
さぁ、朝の炊飯開始
DSC05082.jpg

そしてお待ちかねの大型クラフト作り
今年はモンキーブリッジだ!
DSC05086.jpg
6団ボーイ隊インストラクターに参加して頂き、いざ作成!

DSC05088.jpg
DSC05090.jpg
初級スカウトも慣れない手つきでロープワーク。
DSC05091.jpg

完成!さっそく試し渡り。
DSC05096.jpg
DSC05095.jpg
DSC05097.jpg
改善が必要な個所もいくつかありましたが、大人も渡れる立派な橋が出来ました。
次回はカブスカウトやビーバースカウトに渡ってもらおう。

A型テントとモンキーブリッジのあるキャンプ場。絵になるねぇ。
DSC05100.jpg

 
隊炊事でお疲れの副長は木陰で休憩(なんて余裕はリーダーにはありません)
DSC05087.jpg



午後はおやつのバームクーヘン作り。
DSC05107.jpg
14団は前回上手に出来上がりましたが、6団は失敗に終わり、そのリベンジ。
DSC05108.jpg
DSC05112.jpg
DSC05115.jpg
まーるく、丸く成形、まる? でこぼこ? 真っ黒? ((+_+))
DSC05116.jpg
属名「バームクーヘン」という焼き物の出来上がり。
DSC05118.jpg
DSC05119.jpg
見た目はともあれ、味はバームクーヘン。
3時間近くかけて作ったのに数十秒で完食。あれ?リーダー分は?


バームクーヘン作りの裏では、1級スカウトが炊事章考査中。
先日の炊事章準備集会で失敗した「ろ過装置」に再チャレンジ。
DSC05104.jpg
上からコーヒーを入れると、なんとびっくり・・・
DSC05106.jpg
下からは薄いコーヒー・・・。難しい。 でも構造と原理は理解。

残るお題は30人分の炊き出し。
これが本日のみんなの夕飯になります。
DSC05114.jpg
ちょっと固かったけどおいしく頂きました。


夜は全員で営火。
DSC05120.jpg
エールマスターのH副長がうまい。いつもありがとう。

DSC05122.jpg
DSC05123.jpg
DSC05125.jpg
DSC05127.jpg
毎回毎回よく盛り上がります。スタンツも面白かったぁ。


そして3日目最終日。
DSC05132.jpg

1級スカウトがブルーシートで作成したビバークテント。
良く出来てます。
DSC05133.jpg
昨夜はここでやぶ蚊と寝泊まり。

撤営も終わり、閉会セレモニー
DSC05142.jpg
訓練キャンプを重ねるにつれ、各自のスキル向上と班のまとまりが強くなってきているのがよくわかります。

今年初の連泊キャンプ。けが人を出してしまった反省はありますが、楽しかった3日間でした。
14団のみなさん、是非また一緒にキャンプをしましょう。お疲れさまでした。




<今回のおまけ>
段ボール箱での燻製
DSC05070.jpg
いい感じに燻されてます。

お次はシシャモ
DSC05071.jpg
DSC05072.jpg
↑ちょっと目を離した隙に無残な姿に。シシャモさんごめんなさい。


次は初チャレンジの「塩釜」
DSC05074.jpg
DSC05075.jpg
DSC05076.jpg
DSC05077.jpg
DSC05078.jpg
DSC05078.jpg
おいしいかった

posted by ボーイスカウト千葉第6団 at 11:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ボーイ隊

2017年04月23日

2017年4月22-23日 ボーイ隊訓練キャンプ@

新緑がまぶしい6団野営場で、今年度最初の訓練キャンプを行いました。

新入隊員も加わりにぎやかなキャンプとなります。

DSC05043.jpg

新入隊員の初級章授与
DSC05044.jpg
このあと初めての「弥栄」



A型テント設営訓練の様子です。
DSC05045.jpg
DSC05047.jpg
DSC05048.jpg
DSC05050.jpg
DSC05051.jpg
DSC05052.jpg

いつも使っているドームテントと全く違う設営方法。
G/WはこのA型テントで野営するぞ。しっかり設営方法を覚えるのだ!


<おまけ>
野営場でみつけた「ウラシマソウ」(開花期4〜5月)
浦島太郎が釣り糸を垂れているように見えることが名前の起源と言われてます。
野営場のどこに咲いているか探してみよう。
DSC05041.jpg
posted by ボーイスカウト千葉第6団 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ボーイ隊

2017年04月09日

2017年4月9日 ボーイ隊入隊式

ボーイ隊3名の入隊式を行いました。

今年はカブ隊から2名の上進者と、受験のため1年休隊していたスカウト2名(1名は3月中に入隊済)が入隊し「ちかい」をたてました。

これから一緒にたのしもう!

DSC05023.jpgDSC05024.jpgDSC05028.jpgDSC05030.jpg








posted by ボーイスカウト千葉第6団 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ボーイ隊

2017年03月12日

2017年3月11-12日 ボーイ隊 第5回GB交流会

千葉地区のボーイ隊グリーンバーが集まり交流を深める第5回GB(グリーンバー)交流会に6団から3名のスカウトが参加しました。
(GBとは各隊の班長・次長の事を呼びます)

このGB交流会には、千葉地区所属の各団ボーイ隊のGBと隊長指名のスカウトのみが参加でき、今回は10隊からスカウトが地区野営場に集まり交流を深めました。


春ちかし、天気も良く、風もない、スギ花粉の中で開会のセレモニー
DSC04911.jpg

DSC04914.jpg
実行委員長のごあいさつ。 ・・・ん?見たことある顔だ。

上級班長によるスカウツオウン・サービス
6年前の今日、発生した東日本大震災についての話があり、その後黙想。
DSC04915.jpg

プログラムの説明
DSC04916.jpg

キャンプ・サイト
DSC04918.jpg
DSC04919.jpg
image_original.jpg
20MCCで重宝したブルーシートの大屋根も登場。

 
日中はスカウトだけで交流を深め、リーダー達とは距離をおくため、写真なし。


夜はスカウトだけで計画・進行を考えた営火
DSC04927.jpg
きれいな月夜
DSC04928.jpg
明るい月明りのもとで大騒ぎのキャンプファイヤー
DSC04930.jpg


2日目
明け方は寒かったですが、陽が上ると今日も風なし、温かい日差しで黄ハート
DSC04932.jpg

本日のプログラムはビバーク・テントを作成
ルールは
(1)資材は竹4メートル×5本以内、ブルーシート6畳、麻ひも
(2)2人以上寝れ、1泊に耐えうるもの
(3)入口を設ける
(4)自然物の利用は可能
で1時間で作成。

出来上がったビバークテントは、最後にみんなへ説明し、点数を競います。

バッファロー班
DSC04940.jpg
がっちりした骨組みが頼もしい。けど夏向き。

ライオン班
DSC04942.jpg
小枝で囲い、森に溶け込んでます。

ツバメ班
DSC04944.jpg
床があり、入口側が広くなってます。

コブラ班 
DSC04946.jpg
テントと別に木の皮で作った扉がついてます。

結果は1晩を過ごすために床からの冷気が防げること、入口側を広く取っているなど、工夫が見られたツバメ班が1位となりました。



閉会セレモニー
DSC04931.jpg 

自団で班長・次長と、同じ立ち位置で別々に活動している仲間との情報交換や交友活動が行えたでしょうか。
今回出会った仲間達とは、またどこかで会うこともあることでしょう。

仲間とのつながりを大事にし、お互い頑張ることを誓い合って、本日のGB交流会は無事終了!
お疲れ様でした。


<<< おまけ >>>

スカウトの「リーダー達には絶対負けない」の一言が、おじさん達に火をつけてしまいました。
急きょ、3名のリーダーがビバーク・テント・コンテストに参戦。
DSC04947.jpg
スカウトに渡したものと同じ材料から、ドーム型のテントを作成。
竹1本の半分とブルーシートのみで作成しました。
DSC04937.jpg

DSC04935.jpg
中は温かく、大人(サイズ大)2名が十分寝れます。

宣戦布告したスカウト達よ、見たかリーダーの実力を!

posted by ボーイスカウト千葉第6団 at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ボーイ隊

2017年02月25日

2017年02月19-20日 ボーイ隊訓練キャンプX - 耐寒キャンプ

年明け最初のキャンプとなる耐寒キャンプがやってきました。

過去にはあたりが雪景色だったり、霜柱だらけの野営となる事がありましたが、今年は予想最低気温0℃と無難(?)な状況でスタート。
(今回も写真が少なくてごめん)

今回は2級スカウトの刃物と火の扱い訓練を兼ね、まずは”火おこし競争”。
自分で割った薪に火をつけて2級は60cm、1級は80cmに張った麻縄を焼き切る競争です。
DSC04892.jpg
DSC04893.jpg
DSC04894.jpg

その後は火の扱い訓練の復習として、2名1組で飯ごう炊飯。
炊飯結果の写真がありませんが、想像をこえてみんな焦げもなくちゃんと炊飯できました。
よしよし。

日が暮れ気温もどんどん下がります。
DSC04900.jpg
たき火に群がるスカウトの図




2日目はベンチャースカウトによるロープワーク指導でノッティングボード作り。
温かい太陽の陽の中でのデスクワーク黄ハート
DSC04901.jpg
・・・なんて事はなく、強い北風がビュービュー吹きまくり、手はかじかんで動かないわ、鼻水は出るわ、と思うように作業が進みません。

DSC04907.jpg
でも何とかお題の9種類の結びが完成。


最後に時間があまったので、けが人の搬送法を使った班対抗リレー。
DSC04904.jpg
搬送人1名の場合、2名の場合、大勢の場合の搬送法でリレーをして、ようやく体も温まりました。


DSC04905.jpg

毎回、温かい太陽のありがたさを実感できる耐寒キャンプ。

お疲れ様でした。

早く家に帰ってお風呂へ直行!



posted by ボーイスカウト千葉第6団 at 01:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ボーイ隊